India, Australia to begin talks on civil nuclear deal in March

今日の記事には、まず前提がいりますので、産経新聞の記事を。要は中国への対抗策として、標記の4カ国で連携していこうと安倍首相が考えているということになります。
「安保ダイヤモンド」形成着々 中国包囲網へ豪重視鮮明 

一方、日米はともかく、オーストラリアとインドはそんなこと考えてませんよね、、というのが今回の記事です。両者はオーストラリアのウランをインドに輸出するための合意を検討している、という内容です。
ご案内の通り、インドの電力不足は早急に改善されるべき問題であり、その対策として原子力開発は非常に重要です。ただ、インドは核保有国で、過去に2度核実験も行っていますが、核保有の各国が加盟している核拡散防止条約に加盟していません。
しかし、オーストラリアはこの点を乗り越え、インドへのウラン輸出の方策を進めようとしています。2011年末にオーストラリア政府がインドへのウラン輸出を禁止するルールを変更し(こちらにも書かれています)、さらに昨年10月にはこのような民間の核エネルギー開発に向けた声明を共同で表明しています。で、今年の3月には具体的な交渉を進めたい、ということが書かれています。安倍首相の考えについても、少なくともオーストラリア側は、かなり否定的な感触です。

高度に政治的な話ではあるのですが、核開発の問題が日印の国際関係に影響を与えてしまうところは否定できないでしょうから、今後も注視したいと思います。