blogでインドビジネスニュース速報-弁護士が見たインドの今

日本人弁護士が気になった、新聞報道に基づくインドの最新の動きをお届けします。

カテゴリ:国際関係

India, Australia to begin talks on civil nuclear deal in March

今日の記事には、まず前提がいりますので、産経新聞の記事を。要は中国への対抗策として、標記の4カ国で連携していこうと安倍首相が考えているということになります。
「安保ダイヤモンド」形成着々 中国包囲網へ豪重視鮮明 

一方、日米はともかく、オーストラリアとインドはそんなこと考えてませんよね、、というのが今回の記事です。両者はオーストラリアのウランをインドに輸出するための合意を検討している、という内容です。
ご案内の通り、インドの電力不足は早急に改善されるべき問題であり、その対策として原子力開発は非常に重要です。ただ、インドは核保有国で、過去に2度核実験も行っていますが、核保有の各国が加盟している核拡散防止条約に加盟していません。
しかし、オーストラリアはこの点を乗り越え、インドへのウラン輸出の方策を進めようとしています。2011年末にオーストラリア政府がインドへのウラン輸出を禁止するルールを変更し(こちらにも書かれています)、さらに昨年10月にはこのような民間の核エネルギー開発に向けた声明を共同で表明しています。で、今年の3月には具体的な交渉を進めたい、ということが書かれています。安倍首相の考えについても、少なくともオーストラリア側は、かなり否定的な感触です。

高度に政治的な話ではあるのですが、核開発の問題が日印の国際関係に影響を与えてしまうところは否定できないでしょうから、今後も注視したいと思います。

New Japan PM good news for India

日本はこの週末、選挙の話題で持ちきりでしたが、インドでは自民党の勝利をこのように見ているようです。

  • 安倍自民党総裁は、親印派である。彼の祖父の岸首相は戦後初めてインドを訪問した首相であり、安倍氏自身、2007年にインドの国会に向けたスピーチをしている(インド国会における安倍総理大臣演説
  • 自民党の勝利で福島第一原発の事故という亡霊を退散させることができる(原発容認派が132→346に増加した。衆院選「脱原発」敗北、容認派が逆転
  • インド政府は、日本からの投資をさらに促進することを期待している。

2000年以降の日本発のインドへのFDIは1286億ドル、152,280人の雇用を日系企業が創出、2010-11年の1年だけで448件の日本のFDIのプロジェクトが行われた、と数字の上では日本からインドへ、という流れは相当のインパクトを持っています。

日本人の多数派の印象として、消去法でやむを得ず自民党という部分はあったかもしれません。国内の問題は山積みで、どれも解決は容易ではないでしょう。ただ、総選挙という憲法で定められた手続きを経て選ばれた以上、選ばれた自民党、安倍総裁には、大いに期待したいです。インドへの国を挙げての進出を日本の成長戦略の一つに位置づけてもらいたいところです。

3 US entities lobbied on tax plan
Wal-Mart just one player in the giant US lobbying game

この話題ばかりになってしまいますが、引き続き関心が高いようなので。
Walmartは2008年以降、様々なロビイング活動に2500万ドルを払っていた、というのは前から報道されていましたが(Walmartの米国でのLobbying費用、使途は如何に?)、当然、ほかのインド進出を狙う米国企業・団体も相当の費用を使ってたとの報道。記事に挙がっている一例です。
  • ロビイング団体のFinancial Services Forum, Business Roundtalbe, Financial Executives International:今年提出された税金・予算関係法案に関する活動
  • Boing, AT&T, Starbacks, Lockheed Martin, Eli Lilly, GE:「特定のロビイング事項」(インドにおける市場開放やサポート)
  • Pfizer:ジェネリックの価格設定についての最高裁決定
  • Prudencial Financial:インドの金融市場へのアクセスやエクイティの所有について
アメリカには、これらのロビイング活動について、登録をして四半期ごとに開示をさせるという規制がありますが、インドにはありません。で、Infomation & Broadcastingの大臣は、これを受けて、アメリカのような仕組みをインドも導入すべきでは、ということを個人的な意見として、言っているようです。

これを見て思ったことは、こんなふうにやってるから、とりあえず立法案だけ、そして実際には適用されていない法律だけ、どんどんできるんだろうな、この国は、、ということです。
たとえば、ここ数年で贈賄防止関係の法案自体は、10くらい国会にかかっているそうですが、まだどれも国会を通っていません。はたから見てると、今ある法律をきちんと運用することの方が10倍意味がある気がするのですが。。。

India and Pakistan seal accord to ease visa restrictions

インドの西側の国、パキスタン。歴史的にはイギリスの統治後、ムスリムがたくさん住んでいた地域がインドとともに分離独立、 ただしインドとの間で何回か戦争をしていて、2008年にはムンバイでテロも起きたし、当然仲が悪いと思っていました。

それが実は、両国間のビザ要件を緩和し、人の行き来をより自由にしようということです。
  • 両国でそれぞれ訪れることができる地域を増やす
  • ビザは2年間有効なものを65歳以上の人、両国間で結婚した人、12歳未満の子供に認める
  • ビジネスビザで来た人で収入が500万パキスタンルピー以上ある人は、Police reporting(FRROに行くことでしょうか?)も不要
  • 一定の要件でVisa on Arrival(当該国についてからビザを申請、取得すること)もOK
  • 中規模の団体旅行向けのビザも発行
と、結構オンパレードです。(過去の経緯を把握していないのですが、元々が相当制限されていたんでしょうね。。)当然記事でも、和平に向けた歴史的な前進、という形で表現されています。
 
インドがでかすぎてあまり気づきませんが、実は、パキスタンって人口で言えば1億8000万人で世界第6位(中、印、米、ブラジル、インドネシアに次ぐ。日本は10位)、GSが言うところのNext 11というのにも含まれている成長期大国です。聞くところによれば、インドで日系企業が直面している課題が実はあまりないのが、パキスタン、、ということだそうです。パキスタンの法律とか、全く知りませんが、先を見据えると需要があるのかもしれません。

このページのトップヘ